• 生命保険で代表的な税金の謎

    生命保険と税金に対して紹介していきます。 生命保険に入っている人は受け取った生命保険金が税金の対象になるか心配になる人もいます。 所得税の課税対象となるケースは、契約者と受取人が同人で満期、死亡のどっちかの生命保険料のケースで 一時所得になり、所得税の対象となってしまうのです。

    保険金から、払込保険料を引き、更に一時所得の特別控除額の50万円を引いた額が一時所得になります。 生命保険はその他相続税の対象になってしまうケースも少なくはないです。 生命保険が相続税の対象になってしまうのは、契約者と被保険者が同様の場合の話しになります。

    事実、相続人をどなたに設定したという事も関係なく500万円×法定相続人数の金額まで非課税であります。 その他、贈与税の対象となる生命保険も存在しています。 こういったものに関係しているのは、生前に自分の財産を誰かに与えることを贈与と言いいます。

    契約者が元気なうちに、契約者以外の人が生命保険金を手にした際に、贈与税の対象となることがあります。 生命保険は給付金といったものがありますが、こういった給付金はどの値段であっても 税金の対象に、ならないものだと言われています。

    生命保険と税金
    生命保険と税金
メインコンテンツ

家計診断と生命保険


家計診断と生命保険に対して書いていきます。 生命保険を見直したいと思っている人は生活が少し苦しいからだといった理由の人も居ると思います。 そういった時では、最初にどういった注意点を確認すればいいのか分からない人へ書いていきます。


今の生命保険が自分に正しいものなのかどうか最初に考える必要がありそうです。 可能性として、ライフスタイルが変化したのに保険の見直しを行っていない場合も ある人もいるかもしれません。 更に高い生命保険料で無駄に支払っている可能性がないか調べる必要があります。


そういった時は今の保障が必要なのかを確認しなければいけません。 更に生命保険に加入した際には、言われるままに入ったからあっているのか 判断出来ない人はそういった問題も正しく理解しする必要があります。 家計が苦しくなってくると節約が可能なのは生命保険の料金であると思う家が沢山あります。


少しでも得を得て生命保険に加入するには、ある程度勉強が必要でしょう。 家計診断を行って、生命保険に必要な金額が多いとわかった際は 見直しの見直しのチャンスなのでプロに相談したり、ファイナンシャルプランナーに家計診断と 生命保険の診断を頼むと効果的でしょう。以外にも高すぎるお金を払ってしまい、生活を圧迫しているケースも多いのです。

家計診断と生命保険