• 生命保険の告知義務

    告知義務を果たす事が生命保険加入条件

    生命保険の告知義務に対して書いていきたいとおもいます。 生命保険に入る際には、健康状態、職業といったものを、最初に保険会社に伝えなければなりません。 その理由は生命保険の保険料といったものは、予定死亡率を考えて、危険度を基準にし決定されています。

    なので健康状態や職業を比べて、死亡する危険が高い人は特別に条件を付与を行ったり、 生命保険の契約が、難しい事もあります。 こういったものは健康な人、そうではない人との公平さを維持するために実施されているので生命保険に 入る時にはしょうがないものなのです。

    生命保険の告知義務は契約者、被保険者が間違いなく保険会社に告知を行うシステムです。 生命保険の種類により、保険会社が指定する病院の健康診断が必要となるケースもあります。 かりに、告知義務を違反した時には、これまで支払った保険料は関係なく生命保険は取り消しで、 支払った保険料も全てパーになります。

    生命保険に入る際に告知を行うのは当然のことですが、調べなければ明確でない事を理解している人も 沢山いると思いますが、保険証を確認し、保険会社は過去の通院歴、病歴を調べる事が可能なので ちゃんとした告知が必要です。後で告知違反がわかると保険金がおりない、といったケースも 当然あるので、しっかりと調べておきましょう。

    生命保険の告知義務
メインコンテンツ

生命保険加入時の告知


生命保険に入る時には、絶対に健康状態といった物を告知する義務が必要な事は、告知義務の際に 紹介しましたよね。仮に生命保険を契約を交わす時に契約者、被保険者の健康状態、病歴職業などを 伝え忘れた際、どういった事になると思いますか? 故意的に告知義務を違反した際は、告知義務違反となり生命保険会社の契約違反になるのです。


万が一、告知義務違反が生命保険会社で明確になった際、場合により、生命保険に入る事を 断られるケースもあるのです。 生命保険会社は、契約し、2年以内であれば、保険契約を解除が可能になっています。 なので2年以内に告知義務違反が分かった際には、解除されるでしょう。


告知義務違反をし、それの原因が関連している死亡のケースは、もちろん生命保険金や給付金というのは 受け取る事が不可能なのでこういった事は正しく考える必要があります。 生命保険の種類では、、告知は自己申告の場合もあるのです。


病院へ診断しにいかなければならないケースもあるのです。 種類により、異なっているので、そういったことは生 命保険会社に確認が必要です。 とにかく告知義務違反は、絶対に良い結果にはならないでしょう。告知違反だと思っていないような 些細なことでも違反になるケースもあるので、契約書は必ず熟読するようにしましょうね。細かい字ばかりで読みにくいとは思いますが、 これは必須条件です。大きな字で書いてあるようなものを用意してくれているところは優しい会社と言えますね。

生命保険加入時の告知