• 自分に合う生命保険選び

    ライフプランに適した生命保険の選び方

    自分に適した生命保険選びの注意点を書いていきます。 自分、家族に様々な経済的なリスクが降りかかることをふまえ、必要な保障がどこまであるかを考え 生命保険の選択を行いましょう。

    最初の1つ目のポイントは保険種類を選択する際、生命保険に加入する際には、経済的なリスクを踏まえ 目的を明確にすることが大事です。 目的と保障を踏まえて考えればどういった生命保険が大切であるのか明確になるでしょう。 更に2つ目のポイントは保険をかける期間でしょう。

    生命保険を選択したのちに、保険をどの程度必要で、どの程度が必要なのか、考える必要があります。 様々なライフプランにより異なると思いますがやっぱり子供がいるのであれば、子供が幼い時は いっぱいかけているほうが安心でしょう。

    3つ目の注意点は生命保険の金額を決定します。大体どの程度必要であるのか、 家族構成、今の家計の収入、資産といった状態をみたら変化するでしょう。その他、 公的な保障や企業の保障、今貯蓄している額、使用可能な収入もふまえ足りない分を生命保険で 補うような準備が必要でしょう。

    自分に合う生命保険選び
メインコンテンツ

生命保険の理解度チェック


生命保険は、多くの額を長期間払っていかなければならいので、多少でも無駄を控え 加入する必要があると感じている人もたくさんいるでしょう。 そういった生命保険をどの程度わかっているのかということを確認していきます。


今からあげる項目は絶対に理解しなければならない生命保険の大事な注意点です。 家族が加入している生命保険の証書は、一か所に保管されているか。 生命保険に加入する時は、比較し分かったのちに加入したのか。 自分が加入している生命保険の保険金額を、理解していますか?


家族が入っている生命保険の加入した理由は把握していますか? 遺族にどれの程度の保障額が必要なのか分かって居ますか? 現在家族で入っている生命保険の総額をご存知ですか? 自身が入ってる生命保険は途中で保険料がふえるものですか?


入院した際には、いつまで給付金を受け取ることが可能なのかご存知ですか?といったように、 今述べたものは生命保険に対し分かっているかを確認する方法です。 こういったもので7つ以上把握している人は生命保険に対し理解がとても高いですが、 それ以下の人、3つ 程度しか把握してなかった人は少し生命保険への関心を持ったほうがいいでしょう。若い時に保険に入っていたほうが 料金も安く、またはいりやすいので、本当にお得なのです。年齢がひとつ違っただけで、いきなり保険料があがったり制限が 高くなる業界なのです。なので、思い立ったときにしっかり保険を組んでおきましょう。

生命保険の理解度チェック