• 大行的生命保険の特約と保険料を免除する方法

    生命保険の特約への紹介をしたいと思います。 生命保険の特約といったことは、主契約につけるので、主契約の保障内容をもっと充実させることが可能ですが、 特約といったことは、1種では収まらないでしょう。

    例を挙げれば不慮の事故、死亡の特約は、災害割増特約、傷害特約というものがあるでしょう。 更に、入院、手術、通院といったものを備えるため、治療を希望した特約では疾病入院特約、通院特約、 長期入院特約の必要もあります。

    その他、特定の疾病であってもつける事が可能な特約もあって、1番加入数が高いのは 成人病特約や3大疾病特約、更に女性疾病特約といったところでしょうか。その他、がん特約を設定した 保険会社も中にはあります。

    こういった事は、生命保険では、特約をつける事が可能であれば保障内容を充実する事ができ、現在加入した生命保険の内容の 確認を行いたい時多少保障が不十分だったり、子供が1人増えたので、少し保障を十分にしておく必要がある時には、 特約を新しく使いしたり、生命保険の見直しを行うことで保障内容を充実する事が可能となっています。 生命保険の特約をつけていれば損となるものは1つもないので付けておけばより安心でしょう。

    生命保険の特約
    生命保険の特約
メインコンテンツ

生命保険料控除


生命保険料控除に対して書いていきたいと思います。 生命保険料控除といったことは何かさしているかというと、払った保険料に対し少しの額が 契約者である保険料を負担うる人の所得から控除ことの生命保険料控除という名前があります。 なのでその分、課税所得が減少し、所得税と住民税が安くなるのです。


生命保険控除は、そういった保険料を払っている人が持っているものから控除される形です。 その対象の生命保険の契約は、保険金を受け取る人が本人、配偶者、また親族の契約でしょう。 一定の要件がある人、個人年金保険の保険料も生命保険料控除となるでしょう。


生命保険料控除となってしまうのは、その年の元旦から12月31日までに払った料金です。 保険料から配当金を引いた額が正しい、払込保険料とし生命保険料控除の対象でしょう。 生命保険料控除の金額となりますが、所得税と住民税では、控除の金額は異なります。


所得税の際には、通常の生命権料と、個人年金保険料、10万円まで控除されて実際、控除金額は 最高で5 万円といった規定があります。住民税の人は、生命保険料と個人年金保険料をわけて 7万円が控除され てしまうのです。控除に関して知らない人が多いですが、これを適用するだけでも税金がかなり減るのです。 直接現金で渡す方法もありますが、振り込みを市役所で手続きすることも可能です。

生命保険料控除